まつげエクステサロンで施術していただくときの基礎知識

いろいろ知らないと混乱しちゃう?マツエクサロンの基礎知識

まつげエクステサロンや専門店でのトラブルの実例と問題点

      2015/09/28

■まつげエクステサロンや専門店でのトラブルの実例と問題点

まつげエクステンションは必ずしも安全とは言い切れない点もあります。

トラブルになっている例も少なからずあるようです。

 

まつげエクステンションを施術する人口が増えるにつれてトラブルに遭遇する人も増えてしまいました。

国民生活センターや消費者センターなどの公的な相談窓口に相談される数も増えてきました。

まつげエクステンションのトラブルが多く寄せられているのです。

 

最も多いトラブルは「まつげエクステンションをつけるグルーが目の中に入ってしまった」ということです。

本来、まつげエクステンションは美容師資格がない人はできません。

 

ですが、そういったことを知らない業者もいるのです。

また知っていても無視している業者もいます。

無資格なスタッフがまつげエクステンションの施術をすることが大きなトラブルの原因になっていたのです。

 

厚生労働省は2008年にまつげエクステンションの危害防止を徹底するように通告をしました。

そしてまつげエクステンションを美容行為として正式に位置づけたのです。

 

ですからまつげエクステンションを施術するには美容師の届出がある店舗でなくてはならないのです。

まつげエクステンションには検定があります。

 

厳しい検定に合格した場合は「認定シール」を店舗に表示できるようになっています。

あなたがまつげエクステンションをする場合には、この認定があるかどうかも判断基準になることを覚えておきましょう。

 

美容師がいたとしても美容学校のカリキュラムにはまつげエクステンションは含まれていません。

だから美容師資格があっても100%安心できるとは断言できません。

 

まつげエクステンションをサロンで施術した後になって、目にトラブルがおきてクレームを申し出ると「とても対応が悪い」と言われています。

充分な口コミや情報を集めて、安心できるまつげエクステ専門店やサロンを見つけましょう。

 

判断するひとつのポイントととしては次の点です。

1.アイリストが常に技術向上を図っているかどうか?

2.取り扱っている素材も信頼できるかどうかです。

こういった点が重要になってくるでしょう。

 - Uncategorized